なんとかしたい背中のにきび

背中にきびと色素沈着


背中にきびができている時は、外的刺激にとても弱い状態です。
ちょっとした刺激に対しても敏感に反応してしまい、メラニンの生成を増やしてしまいます。

メラニンが生成されても排出とのバランスが良ければ問題にはなりませんが、過剰にメラニンが生成されてしまうと
排出が追いつかなくなって色素沈着として現れます。

改善するためには肌のターンオーバーを促してメラニンを含む肌細胞の排出を行わなければなりませんが、
色素沈着を起こしやすい肌は元々ターンオーバーが遅れがちであることも多いので、ケアを行ってもなかなか解消されません。

ターンオーバー正常化の鍵を握るのが保湿ケアです。
背中にきびに対して保湿ケアを行えば、肌細胞が活発に働くようになって、古い細胞も順調にはがれ落ちます。
色素沈着はにきびを潰すことでも起こるものであり、炎症を起こしている最中はあまり触らない方が安全です。

メラニンは元々防御反応の一種であり正常な働きなのですが、過剰に働くとトラブルにつながります。

 

ページのトップへ戻る